ブログ

2014年1月10日

車庫

カテゴリー: 建築いろいろ

白浜の家の 車庫が 完成しました。なんとなく かっこいい。 単純で 簡素。 設計がいいのか? いや 施工がいいのか?

この建物の 単純で簡素な イメージの大きな部分を占めているのは 屋根です。 この屋根材は ガルバリウム鋼板瓦棒葺きと言います。すごく昔からあります。

とりあえず 瓦棒葺きの良い所を 挙げてみましょう。

  • 機械の進歩もあり 縦の継ぎ目なく 施工できるので 防水の信頼度は 高い。2寸勾配ぐらいはほしい。
  • ガルバリウム鋼板は メンテナンスは とりあえず考えなくてよい。お金は少々高くなりますが アルミ瓦棒葺きや ステンレス瓦棒葺きも可能。
  • 板金屋さんが製造・加工するので(既製品ではない) 廃番とか製造中止がありません。誰でも簡単に加工できます。
  • 瓦棒は 雨漏りの箇所が すぐ特定できます。その部分だけ直すことができます。
  • 安い(ガルバの場合)そして 軽い。
  • 屋根を葺き替える場合に 板金の廃材は 廃棄料がかからない。くず鉄屋さんに持っていくと 少々お金もらえます。今 コロニアルは廃棄料がすごく高いです。コロニアルはいい屋根材とは言えません。

とたくさんいいところがありますが、欠点は?

  • 雨音がうるさい
  • 夏暑い。断熱補強と屋根換気で 対策。
  • 結露。 たぶん屋根材の裏側が 結露して 下地を痛める。 屋根通気で対策。

自分の家の屋根であれば ガルバの瓦棒葺きか いぶし瓦 にすると思います。

(設計:菅 沼 建 築 設 計)

2013年10月1日

車庫 上棟

カテゴリー: 外構

三年ほど前に作った 白浜の家に車庫を作る予定。ちょっと大きめの車庫です。外壁の感じは 母屋と同じようなものに なる予定なので 一体感があって 良いものになりそうです。既製品より 大工の作った車庫がよろし。
設計は 菅沼設計さんです。M先生今回もよろしく~。

2013年9月12日

車庫の新築

カテゴリー: 外構

以前した物件の車庫新築工事に入りました。
車庫なので、15坪程度の倉庫を兼ねた建築です。
どんな大きさの物件でも大工のみ現場で仕事をすることはほとんどなく、
今回も居住スペースを作るわけではありませんが、各職方さんが入ります。
基礎屋さん、大工、屋根屋さん、板金屋さん、サッシ屋さん、電気屋さん、水道屋さん・・・
短い間ですが、工事の間現場で作業を一緒にします。
(S)

2011年2月14日

スケッチメモ

カテゴリー: 建築いろいろ

白浜の家外観をスケッチしました。
外回りは2階の杉板を張り終え、1階左官の下塗りを1度行っています。
スケッチをすると、より現場状況や先輩方や他の職人さんの仕事をしっかりと観ることができるのではないかと考えました。
今回は外観のスケッチですがこれからはより小さな部分も観て紹介できればと思っています。
(大工は)

2011年1月20日

現場便り

カテゴリー: 外部 作業場にて

工事が進むと、作業場での造作材の加工が一時より増えます。階段材が加工されています。
現場は、外壁の杉板、内部の床板が貼り進められています。

白浜の家は大きな開口部がたくさんあり、
海の音が自然と耳に入ってきます。
暖かくなる頃には、このリビングにはいる日差しが楽しみです・・・
(S)

2010年12月17日

ひかりつけ

カテゴリー: 木材
タグ:

玄関周りの加工です。
「まる」と「まる」の材料をぴったりくっつけるのですが、
これまた材料を組んで、印をつけたり加工したりと・・・
茶室などで丸材が使われているのを見ますが、
実際作業場で材料を扱っている(加工最中)のを見ると、
職人が自分の床の間など和室まわりの仕事を誇りをもってするのが
すこしわかるような気がしました。
(S)