ブログ

2015年9月14日

館山香の家 完成1

タグ: ,

この家はマキ木の生垣で囲まれた家です。房州は風が強いので、昔から家の周りをマキの木で囲い風を防いできました。マキの囲いは敷地境界線であり その家の歴史でもあるのです。 設計と施工を任されていたので いくつかプランを 提案しまし 古い家の配置と  似たような配置で 落ち着きました。マキの囲いの中で 車の移動や 農機具の置き場などを とっていくと 住居部分は 限定されてきました。
また 打合せの時に 「できた家に 合わせて住みますよ」と何度か言われるような おおらかなお施主さんであったので 設計の根拠を 植木や生垣に求めることにしました。植物は 極力移動せずに 室内からも 眺められるように しました。 玄関の位置も ちょいと 松がかぶりすぎているかなー という気はしますが 高さを抑えて松よりも低い 軒先としました。続く

2015年5月28日

大多喜町の家 

カテゴリー: 木材
先日完成見学会を行った 「大多喜町の家」の引き渡しを終えました。

この材木屋さんのお宅は
写真からも木の香りがただよってきそうなほど、たくさんの木が使われています。
そして、光がいたるところから家に入り、とても明るい印象です。

2014年6月14日

引き渡し

カテゴリー: 建築いろいろ

丘の上の家の引き渡しが行われました。

自社設計の物件でしたので、弊社事務所での初打ち合わせから、設計、刻み、上棟・・・竣工まで、
間接的なかかわりでしたが、施主様との打ち合わせを背中で聞き、数か月にわたった設計の進みをみていて、
お施主様持ち込みの個性的な木製建具や照明をどう取り入れるかとか、屋根のイメージを何種類も考え模型化したりとか、ほんとよく考えられて完成した住宅だと思います。

少し事務所からは離れた現場でしたので、建設中も上棟から数えても数回しか見ることができませんでした。
引き渡し前の最後の雑工事のときにお邪魔したのですが、
実際見ると、こじんまりながらも、重すぎない片屋根、高すぎない天井、個性的な でも主張しすぎてない古建具、アルミサッシの位置・・・・いいですね。
きょうも担当者と先輩大工が、尽きることのない施工談義をしていました(建具枠のおさまりや外壁の貼り方など、聞いたらそうかと思うことですが、施工者も常にこんなことまでかんがえているのかっ!と感心と感動)。
私も住みたいなと思います、手前味噌ですね。

弊社では、
若手の担当者が設計からかかわり、現場の管理も一貫して行います。それを現場で経験のある大工が支え、一つの物件を完成する形をとっています。

(S)

2014年5月30日

丘の家できました!


ついに完成しました!
今年の年始に上棟した丘の家がついに竣工しました!
今回はよその設計事務所の設計を弊社で施工するという形ではなく、弊社で設計から施工まで全て行いました。基本設計を始めたのが、なんとなくですが一昨年の冬くらいだったと思うので、足掛け1年半くらいこの住宅造りに携わってきた事になります。30坪足らずの小さめのお家なので、それにしては長いことかかってしまったなあ、と思うのですが、その甲斐あって、小振りでも密度の濃い、かわいい住宅ができました!
今回の住宅の特徴は、なんと言っても古建具やアンティークの照明器具が使われている点です。
御施主様がお好きで収集されていて「これらを使えるように設計して下さい」と言われました。かなり雰囲気のある建具だったので、「お、いいな!」と思うのと同時に、間取りをこれから考えるという状態で、しかも小振りな住宅の中に、蔵戸、3枚引きや引き分けの建具を入れこんで設計していく難しさを感じていました。

事実、設計を進めていくと、どーしても建具が上手く当てはまらなかったり、納まりが悪かったりでかなり考えこみました。
現場の監理をしつつ予算の事を考えながら工事も自らの手で行っていると、こだわり過ぎて時間がかかってしまったりすると、かなり焦ってしまったりしますが、そこは妥協せずにじっくり作った甲斐がある、良いものができたと思います。手前味噌になってしまいますが、自分でも「住んでみたい!」と思えるものができました。
一緒に良いものを作ろうと頑張ってくれた協力業者の皆さん、ありがとうございました!
そして何よりこの工事の機会を与えて下さり、一緒に長い間考えて下さった御施主様、よくぞ弊社を訪ねて下ったと感謝致します。ありがとうございました!!


2013年4月8日

引き渡し

カテゴリー: イベント

和光の家が完成し、無事引き渡しをしました。

花見をしながら 引き渡しパーティーを計画していましたが、爆弾低気圧の通過が重なり 急きょ室内での酒盛り。楽しい一夜を過ごしました。

坂部瓦屋さん 楽しそうですね。ロックしてますねー。
建築の完成写真は後程。引き渡し間際まで仕事していたため しゃしんとってませんー。
大工む

2012年10月8日

富浦の家 完成

丈夫で長持ちする家をめざしました 富浦の家が完成しました。

屋根はいぶし瓦 板金はステンレス 外壁はそとん壁
50年ぐらいは 大きな手直しせずにもってほしいな。 海が近いのでどうだろう。
内部は 床はヒノキで 壁は漆喰。
構造材は100年生の地元杉なのでかなりがっちりしています。
家を長持ちさせるためには床下の通気が大切ですね。 あと雨漏り。白アリ。 3大敵。
玄関は旧宅の欄間と 木製建具が いい塩梅です。



これから素敵な家具が入る予定。
大工む