ブログ

2017年3月17日

客間を書斎へ(前)

カテゴリー: 現場だより 木材

「定年退職で 家にいる時間が長くなるなどの理由で 客間を改装して書斎を作りたい」というご依頼です。ごく普通の和室8畳。押入れ、床の間、縁側を含めると 12畳となる。書斎として使うには十分な大きさ。

今回は 「客間を書斎に」というご要望であったので こちらからいくつか 御提案

・床フローリングは ヘリンボーンで貼ったらどうか。(個人的に斜め板を張るのが好きなので。特に最近。)

・柱にボードを貼って 洋風にしても つまらないので 古い柱を残しつつ。(古いものを隠して 新品にしようというのは好きじゃないので)

・塗り壁(しっくい壁)は 久住左官さんに やってもらったらどうか。(お施主さんも昔から知っている左官屋だったので。)

・本棚は造り付けで。(床柱が構造上重要で 抜けないので なんとなく そのあたりを本棚風に)

床フローリングは マホガニーの斜め張りです。良い木です。光沢があって硬すぎず。日本の木材で マホガニーやチークのような木は ないですね。

壁も良い感じに仕上がってます。が左官壁の良さは なかなか写真には映りません。

 

2016年12月12日

オープンハウス終了

カテゴリー: イベント

「太田代さんの家」 見学会終了しました。

この家で 学んだり 気付かされたりが 結構 ありました。

今回は フローリングの加工を 村上建築工房の 作業場で 行ったのですが フローリングを作るって あんまりやりません。 リビングの延長のような縁側空間にしよう ということで デッキ材を フローリングに加工しました。フローリングは 木の乾燥の度合いや 動きが シビアに出てくるので 結構気を使います。img_20161210_205059-1

何かあっても フォーローしてくれそうな お施主さんと設計士さんだったので  いろいろできたんじゃないかと思っています。

あと この家は デコボコしてるし 段差があるので すっきりしてないし 掃除もしやすいほうではないだろう。(できたばっかりの 新築住宅に言うことではないが・・・)でも 掃除のしやすさよりも 素材感があって 木や石や紙が 経年変化で 美しく変わっていくような よい家になっていると思う。
img_20161210_204853

2016年8月12日

経年変化

経年変化で よくなる とか 飴色になっていく とか言いますが。一般の人にはいまいち ピンと来ないんじゃないかな。良い実例がありましたので以下に。

自宅は 中古住宅を少しずつ修理しながら 住んでいるのですが、 床も 少しずつ張り替えています。 ちょっとずつ張り替えているので 変化がよくわかります。 20160812-2写真右側が8年前に 張り替え杉の床板。左側が2年前に張り替えた杉の床板。
8年前の方は 飴色というよりは茶色に近いです。幅木(壁の下の木)は茶色に塗装してあって ほぼ同じ色になっています。2年前の方は飴色と言えます。

経年変化3掃き出し窓の周りの床板は かなり汚れていますが 傷んではいません。窓を閉めるのをよく忘れたりするので 雨が吹き込んでいるのでしょう。削ったりしてきれいにできますが このままでOK。合板の床だと まずかったかも。
20160812-4 庇の野地板を交換しました。ある時期 「合板は節がないからきれいだね」と言って軒裏に貼るのが流行りましたが だめですね。
20160812-5

2015年8月21日

館山のリフォーム

館山のリフォーム工事終了しました。

築40年の木造二階建ての家。階段を作って 1階の1部屋と 2階の1部屋をつなぎ 少し独立性を 保てるように考えました。二世帯住宅も 階段を作るスペースができると バリエーションが増えていきますね。
2階ナラ無垢フローリング 壁・天井クロス

階段は 風の通り道になったり 光がさしたり 人が通るという機能以外にも 役に立っているんです。このリフォームでは 階段を付けることにより 1階がすごく明るくなりました。1階床ナラ無垢フローリング 壁・天井クロス
書斎スペース  壁 クロス 本棚 杉  机 タモ

床材はいつでも 体に触れている部分であるので 無垢フローリングが気持ちいいですよ。天井や壁は 予算に応じてお好みで。 漆喰や珪藻土と言っても ボードの上に 2mmしか塗っていませんから。 ○○作用や ○○効果 なんて 知れてますよね。

大工む

2010年2月9日

旅館改修 現場便りhttps://muraken5.com/contents/wp-admin/post.php?post=96&action=edit

カテゴリー: 内部

南房総の旅館のリフォームに取り掛かっています。
今回は、階段・廊下周りを中心に入っています。

今までは、少し濃い色のクロスがはられ床もカーペットがひかれていたのですが
今回は無垢フローリングをはり、明るめの壁にする計画です。
そして、1階ホールと2階廊下のつながりがいい感じに仕上がっています。

2009年8月22日

子供部屋の改修

カテゴリー: 内部

夏休みを利用して、戦後間もなく建てられたお宅のリフォームに入っています。20090822

8畳間続きのスペースをできる限りの間仕切りを取り払い、
こども3人のためにひと部屋ごとに大きな開口をつくり、ベットをそれぞれ置くようになります。


フローリングは、杉の一寸(約3センチ)厚のものを敷きつめました。
塗装は自然塗料を塗りました。

これから、間仕切り兼学習机を設置し仕上げにはいります。