ブログ

2015年3月4日

補助金のこと

カテゴリー: お知らせ 木材
タグ:

省エネ住宅ポイント制度がスタートしました。

エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度

対象となる新築は「平成26年12月27日」以降に工事請負契約したもので、かつ、着工は契約締結日~平成28年3月31日のエコ住宅です。
また、リフォームでは
「①窓の断熱改修」又は「②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」又は「③設備エコ改修」のいずれかの工事が必須です。
(省エネ住宅ポイントウェブサイトより抜粋)
条件により、申請方法などが異なります。
ご不明な点がありましたら、弊社もしくは 省エネポイントウェブサイト へ。週末から開催される展示の家具工事、格闘してます….

2014年2月20日

補助金のこと

カテゴリー: お知らせ

側道にまだ雪が残る館山道を走り、講習会に出かけました。

これは、既存住宅ストックの質の向上および流通促進に向けた市場環境を醸成し、それらの取り組みの普及を図ることを目的にしています。つまり国が定めたいわゆる長持ちするいい家の基準を満たすように改修された住宅は、改修費用の補助が受けられます。ただし、改修前の住宅の劣化状況の調査を専門家がし、それに対しての改修工事、そしてその工事履歴の作成とその住宅を今後維持保存する計画の作成を行う必要があります。
もひとつは「住まい給付金」についてですが、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入を予定している制度です。
途中、先月上棟した現場に寄ってきました。コンパクトな、可愛らしい印象を受けました。二階からは富士山が見えるそうです。春の完成が待ち遠しいです~
(S)
2013年8月19日

木材ポイント

カテゴリー: お知らせ 木材 内部 外部

この4月から 国の事業で 木材利用ポイントという制度が始まったのを ご存知でしょうか?
新築、リフォームなどにおいて 外装材、内装材に 国産材を使った場合 その使用量に応じて ポイントが付与されるというもの。 上限は30万ポイントで 地域の特産品や プリペイドカードなどに 交換できる制度です。
外装などは 面積が 大きいので すべて木にすると 相当のポイント数になります。 外装を に木材を張るというのは 最近は珍しいかもしれませんが 、 おすすめの外装材です。
木材は塗装しないと 腐るイメージがあると思いますが そんなことはありません。無塗装の杉板でも20年~30年ぐらいは 十分持ちます。そして 傷んだ部分だけを 張り替えることができることも利点です。サイディングやモルタル塗装の場合は 全部やりかえるのが基本です。 ただし 軒の出があまりにも少ないと 杉板の外壁は厳しいかも・・・
この現場が木材利用ポイントの初 申請の現場です。木材利用ポイントがあるから 外壁を木材にしたわけではありません。「そういえば木材利用ポイント あったよねー」 と思い出しました。
外装材は 杉板 
内装材も杉板 にオスモ塗装