ブログ

2016年12月20日

平砂浦の家、鋸南の家

カテゴリー: 建築いろいろ

竣工写真を2件アップしました。

「 平砂浦の家 」は、名前のとおり平砂浦の海を一望できるお宅です。リビングからも、寝室からも、バルコニーからもどこからも 南房総の海を感じることができます。
「 鋸南の家 」は、施主の暮らしが色づき時間をかけて変化している感があります。

このところ南房総でも、霜が降りる日が続きました。frost

(S)

保存

2016年9月26日

写真撮影

鋸南の家は竣工からしばらく経ちましたが、竣工写真をやっと撮ることができました。

住宅の単純な木組み、まわりに人工物がほとんどない環境、お施主さんの暮らし方がすごくいい味をだして、鋸南町の家はいい歳をとっていると感じました。kyonanhouse2カメラマンの坂下さんは、村上の同窓であり、建築を学んできた目線からの撮影を そばで見て、とても刺激がありましたね。
kyonanhouse1撮影の後は、施主さんの奥さんの雑穀をふんだんに取り入れた、体にやさしいランチをいただきました。皆 40歳半ばを過ぎると、体にいい食事話から話は健康話に。う~ん、歳を感じます。
ランチですが、予約をすればこの鋸南の家でいただくことができます。『るんた 里山ごはん』 です。

今回撮影した写真は、施工例としてこのホームページにも掲載する予定です。お楽しみに!

(S)

保存

2014年1月18日

鋸南町の家が完成

カテゴリー:

去年の末 鋸南町の Y邸が 完成した。
弊社木組みで 施主施工を取り入れてみた 第一弾物件でした。
具体的には
弊社施工部分
地元材の杉を使った木構造。(構造材が内装に見えてくる場合は 手刻みが よい。 )
防水に関わる部分。屋根、外壁、サッシ取り付け等
セルフビルド部分
土壁、内装床 内装壁 浴室等( 建物の重要ではない場所で 多少失敗してもよい部分)
完成してみると 中々 素敵な家になっています。 自然素材は少々施工が乱暴でも 全体としてみると いい感じになる場合が多い。あ、 あと お施主さんのセンス。

施主施工5か条
・完成を急いではいけない。
・工事金額が安くなると思ってはいけない。
・プロと同じ完成度を めざしてはいけない。
・自分にノルマを課してはいけない
・人を頼りにしてはいけない。
南房総 鋸南町 工務店

2010年4月23日

現場だより

カテゴリー: 建築いろいろ

鋸南の家の工事は、施主さんが竹こまい編みや荒壁塗りをする予定になっています。
寒さの合間をぬって、現場ではこまいが編まれています。
平屋なので高いところはないのですが、
そして(写真にはないのですが)荒壁の材料も施主さんが自分で練り、
現場の片隅にブルーシートが掛けられ、いまかいまかと寝かされている状態・・・
入口は木製の大型建具がつきます。
(S)

2010年1月15日

現場だより

カテゴリー: 外部

暖かいといわれる南房総でも、最近の寒さにはちょっと凍ってしまいます。
朝現場へ向かうトラックの、道路凍結を心配するようになりました。
年末上棟した住宅は、

屋根もガルバリウム鋼板で葺かれ、薪ストーブの煙突もつきました。
木組も、
このように・・・
着実に進んでいます。
(S)

2009年12月17日

鋸南の家 現場便り

カテゴリー: 外部

屋根仕舞いが進んでいます。

先日の柿しぶ塗装のおかげか、
材木の色味が均質で落ち着いて見えます。

先日の上棟のランチは、お施主さんが手作りの料理をふるまってくださいました。

雑穀や野菜を季節のふんだんにつかった、とっても食べ応えのある料理。
職人仕様で、結構なボリューム。

ごぼうの柳川風
にんじんのフライやコロッケ
にんにくたっぷりのれんこん
ひじきのはいったサラダ
具沢山のお味噌汁
などなど沢山

お料理教室などされているそうで、料理も盛ってある器もとっても雰囲気があって・・・

こころのこもったおいしい料理、どうもありがとうございました。

(S)