ブログ

2011年6月20日

材料づくり

カテゴリー:
タグ:

姉崎の家は、昔ながらの泥壁を壁の下地として施工します。
その様な家はとても少ないので、施工する材料も電話一本では配達はしてくれません。
泥壁の材料は、粘土分の強い土に藁をまぜて作ります。作るのは難しくないのですが、かなりの重労働です。
今回は諸事情で、大工がねりねりすることになりました。
左官屋に言われたレシピで、
久しぶりに時のたつのを忘れて仕事に没頭した一日でした。
(大工む)