ブログ

2016年3月7日

瓦の再利用その2

カテゴリー:

には 梁などが 外部に ちょこちょこ出ています。 これは 古民家の木組みの特徴で 現在の住宅の木組みにはほとんど 見られません。この木組みだから 古民家と言えるといっても 過言ではありません。

構造的には合理的なのですが 雨仕舞いが 難しいことと 長い材料が必要になってしまうなどの欠点があるので 使われなくなってしまった技術です。

今回は 下屋根の 見切りの部分に出てきているので 厄介です。
瓦屋さん 板金屋さん 左官屋さんに 「この梁切っちゃってよー」とか「ここから雨漏りしやすいよ」と言われましたが このでっぱりは 切れないんです。
古瓦は 色も形も 不揃いですが 腕のいい職人が 葺くと 新品の瓦にはない 良さがあるんですね。