ブログ

2018年1月8日

金谷の木塀修理

本年も 焦らずにじっくり 仕事をしていこうと思っています。

以前改修した 金谷の石蔵は 金谷美術館の 別館として 美術品の展示をしています。


その敷地内にある 木塀の 痛みが激しかったので 解体修理することになりました。

古い建造物を解体する際に 気を付けることは ハンマーで ガチャガチャ壊してはいけないということ。その当時の「痕跡」がたくさんあるので それをまず 見逃さないように解体していきます。「痕跡」とは 作った職人の仕事の跡 使われた道具の跡 改造された仕事の跡 等。

今回は 石の上に作られた木塀で  石にほぞ穴が掘られていて 柱のほぞを長く伸ばして ずれ止めにしていたこと。今では アンカーボルトで 石とずれないように 固定してしまうので、その当時の 職人の仕事の仕方が わかります。

 

 

古い木塀の修理をする時に 想像力を膨らませるというか その当時に思いをはせる くらいの 余裕はほしいよね。