姉崎の家 – 木組みと土壁の魅力

設計:丹呉明恭建築設計事務所
施工責任者(棟梁):村上幸成

貫や渡り腮による力強い木組み、淡路の名左官久住章さんの土壁にこだわって作った家です。「長持ちし、健康にいい家を」という施主の希望で、本格的な伝統工法を採用することになりました。

anesaki_01
L字型に直交する平屋と、その交点に突き上げたロフトで構成される家です。外壁は杉板南京下見板張り。

anesaki_02
鐘楼のようなロフトが印象的です。

anesaki_03
大工塾を主宰する丹呉明恭さんが提唱する「渡り腮構法」。木と木がガッチリと重なり合う交差の仕方です。

anesaki_04
玄関。竪格子の入ったガラス戸から入る光が美しいのです。

anesaki_05
玄関をあがって左手のリビングへ。力強い木組みに注目してください。

anesaki_06
座卓とローテーブルのあるリビング。正面右手の壁の裏がキッチン、左奥は、ロフトへとあがる階段です。

anesaki_07
座卓中央の真上に、梁が力強く直交しています。

anesaki_08
ロフトへと上がる階段。急勾配な中、踏み込む面の広さも確保するために、一段おきに左右を半分ずつ切り欠きました。

anesaki_09
タイル張りの風呂場。壁は板張りです。

anesaki_10
刻みの時に梁と梁の接合部の仕口の現物模型を製作し、組み易さや強さなどを検討。

anesaki_11
上棟。シンプルで力強い架構です。

anesaki_13
壁土を現場で練り合わせ、木を格子状に編んだ「木小舞」を下地に、荒壁、中塗り、仕上げと壁を塗っていきます。土を塗る前の、木小舞に光が透けて見える状態も、きれいです。

目次
閉じる