クリフハウス – 海を望む風景との一体感を

設計:村上建築工房(伊藤央)
施工責任者(棟梁):伊藤央

崖地のごくせまい敷地に工夫して建てた房総の海を望む貸別荘です。「シンプルな木の箱を」という施主の希望を、地元産材、手刻みで実現しました。のんびりと海を眺めながら休日の開放的な気分を楽しめるよう、潮風を感じるテラスとリビングとがひと続きとなった空間をつくりました。

cliffhouse_01
クリフとは「崖」という意味。南房総市富浦の南無谷ビーチから坂をのぼりきった崖地の細長い敷地に、クリフハウスは建っています。

cliffhouse_02
海の方に向けて片流れの屋根がかかります。

cliffhouse_03
湾を見下ろす眺望。潮風と日射しをいっぱいに受けるこのテラスが、この家のいちばんいい場所です。

cliffhouse_04
テラスからの絶景。富浦のエメラルドグリーンの海がを一望。遠くには三浦半島も見えます。

cliffhouse_05-1
開放的なリビング。大きなガラス戸は戸袋に引き込めるようにする、リビングをL字型に囲むテラスとの境にあたる角には壁をもうけない等、内と外とが一体となる空間を工夫しました。

cliffhouse_06
リビングの手前のキッチンからテラスを見たところ。

cliffhouse_07
リビングの漆喰壁に陽光が映えます。大勢でテーブルを囲めるよう、壁側には長いベンチを造り付けました。左側の階段は、寝室のある二階につながっています。

cliffhouse_08
二階には、屋根裏風の寝室が3部屋。横長のはめころし窓で、裏山の緑の風景を切り取ります。

cliffhouse_09
洋風のバスタブを置いたお風呂場。山の緑を見ながら入ることができます。洗面所との仕切りはガラスにし、開放感をもたせました。

cliffhouse_10
上棟の様子。リビングの梁が整然と並んでいます。

cliffhouse_11
上棟の宴会時のスナップ。敷地の奥行きはそんなにないのですが、できあがった空間は広々としています。

cliffhouse_12
地形どおりの模型を製作し、この海を眺望するロケーションを最大限に生かすプランを検討しました。

目次
閉じる