ブログ

2018年12月5日

木の家のメンテナンスその2

カテゴリー: 建築いろいろ

家の外壁を木にする。のは最近は減ってきています。
昔は 外壁には 木を張るか 漆喰など左官かのどちらかでした。

昔の家の外壁が木で 古くて傷んでいるイメージがあり
「木の外壁は傷むから 今流行りの サイディングにしちゃって。」
と言われたりします。(田舎では特に)

が ちょっと待ってね。
80年メンテナンスしないでこれたのは 木が外壁として優れているから。
また木を張りましょうという。

右の倉庫は築80年。左の倉庫は築50年。 左倉庫の木の外壁はまだ傷みもないのでそのままに。

木の外壁は 色を塗ってもよいし、塗らなくてもよい。
色は お化粧程度に考えておけばいいんじゃないかな。

新築の時に木の外壁に色を付けて 定期的に塗り替えられる人はあまりいません。
外壁なので足場架けて塗装するのには けっこうお金がいるのです。

木の外壁にするのに 結構大事だと思うのは
・外壁に向いた木を使う
・軒先を出す。
ということ。
小雨が降った程度で 外壁が濡れるというのは あまりよくないです。

また外壁を木にする利点は
・外壁の傷んだ部分だけ取り替えられること。(部分修理)
・同じような木が 50年後もあるだろうということ。(修理可能)
サイディングじゃ 10年後には同じものがないですから。

修理できるように作っておく。
というのが 良い。

2014年3月27日

外壁

カテゴリー: 外部

久しぶりに 丘の上の家の現場に行ってみると 結構進んでいる。
外壁貼りの 終りの方です。杉の板を 縦に張っている。赤身なので 長持ちすると思います。
なんだか かっこよくなりそうです。
設計 伊藤アキラ
大工 伊藤アキラ 森田久雄
大工コンビ 伊藤&森田が楽しそうに 仕事しているのがいい。 年齢差 30才のコンビであるが お茶の時間の話題は尽きない。

2010年6月8日

外壁

カテゴリー: 外部

CLIFF HOUSE は
外部も、進んでいます。

この外壁はお施主さんご自身の塗装で、
作業場でもくもくと作業されていました。
材料をばらして、塗って、ふき取って、乾かして・・・・またまとめて。

(S)

2010年1月25日

現場便り

カテゴリー: 外部

昨年末のワークショップで塗り上げた荒壁も落ち着き、外壁工事にはいっています。磨き無しの焼き杉をはっています。
淡路島で暮らしているときには、多くの住宅に焼き杉がはられていました。そういえば、房総半島ではあまり見かけません。
この焼き杉には 「防虫」 「防腐」効果があるらしく、炭化した表面は 「防火」の効果も期待できるとのことです。
これは、左が数十年前の既存のもの、右は今回ワークショップで塗られたもの。
こんな対比も 眺めがいがあります。