八幡の家 – すっきりとシンプルに暮らす

設計:村上建築工房(村上幸成)
施工責任者(棟梁):椎野泰生

若い夫婦と子どもが住む、構造も内装もすっきりとした家です。限られた予算の中で地元産材を手刻みして建てる無垢材の家を建てたい方のための、シンプルな木組みによる標準的なプランとして、村上建築工房から提案するものです。

yahata_01
1階の上にベランダと2階が乗り、玄関部分の下屋が右手前に張り出しています。軒が深く、木を横に組んだベランダの表情が印象的な外観です。

yahata_02
張り出している玄関部分には、大きく軒を出しました。見上げると、木組みが傘の裏のようです。

yahata_03
木製の玄関扉。深い軒と目隠しの板塀で、玄関を出たところが雨よけになっています。

yahata_04
玄関を内部に入ったところ。左手にゆったりとした靴箱をつくりつけました。大きな一枚板を据えた式台の下には脱いだ靴を一時的に収納もできます。ガラスの引き戸の向こうが、リビングです。

yahata_05
南に面した大きな窓のあるリビング。木組みはシンプルにすっきりと仕上げました。

yahata_06
ソファーかに座った時の景色。テレビ台もこの木組みの空間に合わせて、作りました。

yahata_07
階段を2階にあがりきった踊り場。廊下の右手に部屋が並びますが、それぞれの部屋の天井は張っていません。

yahata_08
小屋組がそのままあらわしになった、2階の個室。

yahata_09
2階のベランダ。軒が深く、ふとんや洗濯物を安心して干すことができます。

目次
閉じる